ウルフピーは他の忌避剤より害獣対策の効果が高い

subpage01

都市開発が進み自然環境が減少した影響もあり、近年では里山の農家はもちろんの事市街地にまで猿やイノシシに熊まで出現する事が多くなりました。
特に農家の方にとっては精魂込めて育てた作物が、一夜にして大打撃を負う事もあり深刻な問題です。



そんな害獣対策として柵や罠を仕掛ける方法では動物によって効果が違うので、動物の嫌いな刺激臭を配合した忌避剤を使用する方法もある中で、ウルフピーと言う忌避剤が他商品と比べても効果が高いと話題になっています。



ウルフピーとは多くの野生生物が天敵だと恐れるオオカミの尿を100%配合した忌避剤で、縄張りを主張する為にマーキングする動物の習性を利用した物です。

殆どの動物はマーキングされた臭いを感じとり自分より強い生物かを判断するのですが、集団行動で狩りを行い生態系の頂点に立っているオオカミの臭いは多くの動物が本能で命の危険を感じ近寄らなくなります。
設置方法は小分け容器にウルフピーを入れて、農作物など害獣の侵入を防ぎたい場所に設置したり、野生生物の通り道に設置しておくだけで効果を発揮するので手軽で評価も高いです。



他の忌避剤は刺激臭や動物の嫌がる臭いを配合しているのですが、残念な事にそう言った臭いに対して動物も慣れてしまいますし、化学薬品などが配合されている物では地球環境にも悪影響を及ぼします。しかしウルフピーは100%オオカミの尿を配合していますし、容器に入れて設置しておくだけなので土壌汚染の心配もなく、殆どの野生生物に効果がある事からも人気の忌避剤です。