害獣の本能に働きかけて駆除出来るウルフピーとは

subpage01

昔は家に入り込み巣を作り繁殖を繰り返す害獣と言えばネズミが代表的な物で多くを占めていましたが、最近では里山などの自然な環境が減少している影響もあり、様々な動物が人里に出没するようになりました。
メディアなどでも取り上げられる害獣は、タヌキやハクビシンに熊やサルなどの他にも、外来生物のアライグマやヌートリアにキョンと言う害獣もいます。こう言った害獣は家の周辺だけでなく農作物にまで影響を与える事から農家にとっても深刻な問題となっていますが、罠を仕掛けても警戒心が強い為に中々効果を得られないのが現状です。



柵を作っても穴を掘って地中から侵入する害獣もいますし、種類によって駆除方法も異なる事から手を焼いている方も結構いらっしゃいます。そんな害獣駆除に苦労する方が多い中、あらゆる野生動物の本能に働きかけて駆除が成功出来るウルフピーと言った動物獣忌避剤がネットの口コミやランキングなどでも話題です。



ウルフピーとは狼の尿を100%使用した動物避けで、野生動物がマーキングにより縄張りを主張する習性を逆に利用した駆除方法となっています。



狼は殆どの野生動物の天敵で、実際に狼の尿を嗅いだ事が無くても本能が危険な臭いだと察知して、これ以上近づくと命の保証はないと思う事によって逃げ出す仕組みです。


設置方法はとても簡単で小分け容器にウルフピーを入れて被害にあいたくない場所の周辺に設置するだけで、害獣にとって狼の縄張りだと主張します。

人間には認知出来ない程の臭いでも、野生動物には危険な臭いとなるので罠や柵などでお金をかけなくても経済的で自然環境にも優しい駆除方法です。