自然と環境に優しく、コスパも優れる忌避剤ウルフピー

subpage01

ウルフピーは野生動物の危険なものを察知して避ける本能を利用した、害獣忌避剤です。野生動物は自らの縄狩りを主張するために体の臭いをつけたり尿を吹き付けます。

ウルフピーの原材料はハイイロオオカミの尿100%、多くの動物の天敵となるオオカミの尿の臭いがする場所を天敵の縄張りと判断した動物は、その場所を避けて近寄らなくなるのです。

ウルフピーは作物を荒らす大型動物のシカやクマ、イノシシ、サル。

小動物のハクビシン、イタチ、アライグマなどにも効果が期待できます。



使い方はシンプルで簡単、小分け容器に入れて吊すだけ。

侵入を防ぎたい畑を囲んだり、進路を塞ぐように吊すのです。
吊るす間隔は大型動物で約6m、小型の動物であれば、約4mの間隔で、オオカミがマーキングする30〜60?程度の高さに吊します。

特に厳重にガードした居場所は、吊す間隔を狭くするのです。
メンテナンス方法は蒸発したり薄くなったらつぎ足すだけ。



女性や年配の方でも、簡単に扱うことができるのです。

軽いので畑を囲むネットにも吊せるし、木の枝にも吊ることができます。園芸用の支柱を差し込んで立てるだけでも下げられるので、改めて大がかりな柵などを作る必要はないのです。



設置はシンプルで簡単、設置した後も電気なども必要ないため経費も最小限ですむのです。

動物を傷つけず環境にも優しいウルフピーは、経費と手間もかからないコストパフォーマンスにも優れる害獣忌避剤なのです。