忌避剤として効果の高いウルフピーとは

subpage01

近年は野生動物がエサを求めて里山にまでやってきて農作物を食い荒らす被害が増加していますが、原因は自然環境の減少と農作物の美味しさを覚えてしまった事だと言われています。

また一口に野生動物と言ってもイノシシやクマにシカだけでなくサルや野犬にハクビシン、他にもアライグマやキョンなど外来生物にまで及びます。



こう言った害獣対策として罠を設置したり電気柵の設置などもありますが、初期投資の費用が高額ですし動物によって効果のない物もあるので難しい問題です。



また動物の嫌いな臭いや刺激の強い臭いによる忌避剤を散布する方法もある中で、野生動物の本能に働きかける忌避剤としてウルフピーが話題になっています。

刺激臭などの忌避剤は最初の内は効果を発揮するのですが、臭いに慣れてしまったり食欲の方が勝ってしまうと効果は無くなってしまいますし、雨風で臭いその物が薄くなって効果も無くなるのがデメリットです。

そう言った忌避剤に対してウルフピーは野生動物の殆どが天敵として本能にインプットされている狼の尿を使用した忌避剤で、近寄らせたくない場所の周辺に専用容器に小分けしたウルフピーを設置する事で効果を発揮します。

殆どの動物はマーキングして縄張りを主張する習性があり、本能が命の危険と判断する狼の尿によるマーキング効果で殆どの動物が近寄らなくなるのです。専用の容器に入れる為に雨風で臭いが薄れる事もありませんし、もし薄れたとしても嗅覚の優れた野生動物は敏感に認知するので忌避剤として最も効果の高いのがウルフピーだと評判になっています。



皆が知りたい情報

subpage02

都市開発が進み自然環境が減少した影響もあり、近年では里山の農家はもちろんの事市街地にまで猿やイノシシに熊まで出現する事が多くなりました。特に農家の方にとっては精魂込めて育てた作物が、一夜にして大打撃を負う事もあり深刻な問題です。...

NEXT

ためになる生活

subpage03

昔は家に入り込み巣を作り繁殖を繰り返す害獣と言えばネズミが代表的な物で多くを占めていましたが、最近では里山などの自然な環境が減少している影響もあり、様々な動物が人里に出没するようになりました。メディアなどでも取り上げられる害獣は、タヌキやハクビシンに熊やサルなどの他にも、外来生物のアライグマやヌートリアにキョンと言う害獣もいます。...

NEXT

最新考察

subpage04

ウルフピーは野生動物の危険なものを察知して避ける本能を利用した、害獣忌避剤です。野生動物は自らの縄狩りを主張するために体の臭いをつけたり尿を吹き付けます。...

NEXT

身に付けよう

subpage04

ウルフピーは野生動物を傷つけることなく近寄らせない、動物の本能を利用した害獣忌避剤です。野生動物は自らの居場所や縄張りを主張するために、体の臭いをこすり付けたり尿を吹き付けます。...

NEXT